グルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンとは?その特徴と体内での働き、軟骨の生成に関係

更新日:

グルコサミンとは?その特徴と体内での働き、軟骨の生成に関係

年齢とともに発生する膝の痛み関節痛は、骨と骨の間にある軟骨が減ってしまうことで発生するといわれています。

その対策として有効なグルコサミンコンドロイチンについて、その働き特徴についてご紹介します。

グルコサミンとは?その特徴と体内での働き、軟骨の生成に関係

グルコサミンとは?その特徴と体内での働き、軟骨の生成に関係

グルコサミンは、膝の痛み関節痛に効く成分として名が知られており、

健康食品やサプリメントにも含まれていることが多いです。

グルコサミンとはどんな成分で、どんな特徴があるのでしょうか。

グルコサミンには軟骨生成や軟骨強化の働き

私たちの身体の中にある関節は、骨と骨とを繋ぐ役割を果たしています。

そして、硬い骨と骨との間に軟骨があり、これがクッションの役目を果たしています。

そのため、骨同士がこすれることがなく、膝を曲げたり歩いたりすることができます。

軟骨の中にある成分がグルコサミンであり、軟骨の生成を促す特徴があると言われています。

グルコサミンは、ブドウ糖とアミノ酸が結びついた物質であるアミノ糖の1つです。

そして、軟骨の成分であるプロテオグリカンの原料となっています。

軟骨がすり減ったり損傷した時に軟骨の生成をしたり、修復したり、軟骨芽細胞を刺激して軟骨を強化する働きがあります。

グルコサミンの量は年齢とともに減少していく

グルコサミンとは?その特徴と体内での働き、軟骨の生成に関係

グルコサミンの量は、年齢とともに減少していきます。

そのため、軟骨の主たる成分であるプロテオグリカンが作られる量も減ってしまいます。

軟骨が擦り減ったり損傷しても、修復が上手く行われなくなってしまいます。

その結果、関節同士を滑らかに動かす軟骨の働きが低下し、関節が上手くかなくなったり、骨同士がこすれ合って痛みを生じたりします。

グルコサミンは積極的に摂取するのが大切

軟骨が擦り減ってしまい、体内での働きが弱まってしまうのを防ぐためには、年齢とともに減少するグルコサミンを積極的に摂取することが大切だと言われています。

グルコサミンは、軟骨がすり減ることによって生じる変形性関節症関節の機能を改善するのに役立つと言われています。

痛みの改善や消炎効果について、研究が続けられています。

関節痛の症状が出てしまった後に摂取するのではなく、痛みが出る前からグルコサミンを摂取して、体内での働きを増やすよう心がけていくことが大切です。

軟骨を構成するなど体内での働きが特徴的なコンドロイチンとは

軟骨を構成するなど体内での働きが特徴的なコンドロイチンとは

コンドロイチンとは、細胞間に存在している粘着性を持った結合物質の一種です。

水分の維持弾力性を与えることが主な体内での働きとされています。

コンドロイチンは、軟骨や関節を始めとして、皮膚・血管・眼球など全身の様々な部分に存在しています。

また、骨や内臓に対する滑らかな動きと自然治癒能力の補助を実現しています。

しかし、年齢を重ねるに伴って、若い頃に生成されるコンドロイチンとは比べ物にならないほど生成量が衰えていきます。

そのため、その特徴と体内での働きを理解しつつ外部から不足分を補っていく選択が求められてきます。

コンドロイチンは軟骨を構成、維持する上で欠かせない成分

軟骨を構成するなど体内での働きが特徴的なコンドロイチンとは

コンドロイチンは、軟骨へ対しての影響力が非常に大きい成分です。

軟骨を構成する成分比率としては、約3割がコンドロイチンになります。

軟骨は血管が通っていない部分なので、血液の循環による栄養素の補給や水分の運搬・老廃物除去などが行えません。

そこで、コンドロイチンがその代わりとして深く作用している点が特徴といえます。

つまり老化もしくは何らかの要因でコンドロイチンが不足すると、軟骨を構成・維持する上での機能が損なわれてしまいます。

弾力を失った軟骨がすり減ったりクッションの役割が果たせなくなって骨同士の衝突が発生し、強い痛みを生じさせる原因となってしまいます。

コンドロイチンは食事やサプリで摂取できます

軟骨を構成するなど体内での働きが特徴的なコンドロイチンとは

コンドロイチンは、フカヒレやウナギなどに多く含まれます。

頻繁な補給が難しい場合には、サプリメントを用いた摂取が可能です。

緊急を要する状況では、注射などで体内へ注入させる技術も使われます。

また、加齢に伴って問題視される

  • 骨粗しょう症へのリスク
  • 血管の病気・目の健康状態

にも関連している成分です。

そのため、コンドロイチンは関節部分の症状だけに限らず補給するメリットが大きい特徴を持っています。

コンドロイチンを摂取する際は、グルコサミンなどの相乗効果が期待できる成分を意識しておくと効果が高められます。

上手に補えば、症状の早期緩和再生が期待できます。

効果とコストで厳選!関節痛サプリおすすめランキング

北国の惠み 北国の惠み
軟骨成分をそのまま!丸ごと!
 ステラ漢方のグルコサミン
感動のグルコサミン出来ました!
イタドリ(マイケア) イタドリ(マイケア)
いつまでも「絶好調!」でいたい方
▼関節痛サプリを選びたいなら♪▼
関節痛サプリおすすめランキング【総合】
>>ランキングの続きは『関節痛サプリおすすめランキング【総合】』から確認できます!<<

❏こちらの記事も人気があります

関節痛サプリ総合ランキング 1

関節痛対策として有名なのは「グルコサミン」と「コンドロイチン」の2つの成分です。 体内での働きは異なるこの二つの成分は、どちらか1つずつ補うのではななく同時に摂取することがおすすめです。 一緒に摂る事 ...

グルコサミンサプリメントの選び方のポイントをチェック 2

ひざなどの関節痛の緩和が期待できるグルコサミンのサプリメント。 人気も高く種類も豊富でどのサプリメントを選べばよいか迷う方も多いでしょう。 そこで、グルコサミンサプリメントの選び方のポイントと摂取方法 ...

グルコサミンサプリメントの摂取量の目安と効果が実感できるまでの時間は? 3

膝や腰に痛みを抱えている方にとって、グルコサミンサプリメントは効果的だとされています。 グルコサミンサプリメントの摂取量の目安をご紹介します。 また、摂取してから効果が実感できるまでの時間、持続時間は ...

-グルコサミンとコンドロイチン

Copyright© 関節痛にグルコサミンとコンドロイチンの効果と違いを検証 , 2018 All Rights Reserved.